サイトメニュー

注射をする前に

医者と看護師

特長やその相場を理解する

小顔にしたい場合には、ダイエットをすることも重要になりますがダイエットをしただけでは基本的に顔の脂肪はとれても、骨格の部分や筋肉の部分はあまり変化しません。この場合には、ボトックス注射をすることで小顔にすることは十分可能になります。ボトックス注射にはどのようなメリットや特長があるかといえば、一つは顔に傷をつけないことです。過去に主流だったやり方は、あごの骨を削ることでした。あごの骨を削る時には、メスを入れることになりますが、この時顔に小さな傷がついてしまう可能性があるわけです。もちろん、目立つ部分にはメスを入れずあごの下の方から削るのが一般的です。しかし、自分の顔に傷はつけたくないと考える人も少なくないでしょう。そこで、ボトックス注射をすればメスを入れずに小顔にすることは十分可能になります。次に、料金があまりかからないことです。メスを入れる方法は本格的な手術になりますので、20万円前後のお金がかかることも少なくありません。そのため、学生だとなかなかそれだけのお金を用意することができない人も多いです。また、社会人でも大きなお金になりますので簡単に小顔にしようとは思えないでしょう。この点、ボトックス注射の場合には注射を何回か打つ程度ですので料金自体もそれほど高くありません。最後の特長は、あまり時間がかからないことです。カウンセリングなども含めても、1時間以内に終わることがほとんどです。手術をする場合と比較すると半分以下の時間で済ませることができます。会社帰りなどでも、気軽に施術が可能な点は大きな魅力です。
ボトックス注射をして小顔にしたい場合には、どれぐらいの費用がかかるかは問題になります。基本的に、小顔にするだけならばそこまで大きな費用はかかりません。注射一本1万円程度になりますので、カウンセリング費用なども含めても3万円ぐらいで収まることもあります。ただ、人によっては筋肉が大きいこともありますので注射を4本打つことも考えられます。そうすると、5万円ぐらいの費用が相場になると考えておきましょう。実際にどのような対応の仕方をするかは、その医者によって異なるところです。ただ、ボトックス注射の場合にはメスを入れて骨を削る場合と異なり、1回行えばおしまいではありません。もともとボツリヌス菌と呼ばれる筋肉をまひさせる成分を注入するため半永久的に効果が出るわけではありません。これを前提に考えれば、定期的にボトックス注射をしなければならないことになるでしょう。どれぐらいの頻度で注射をしたらよいかといえば、人によって若干持続期間は異なるもののおおむね半年に一度ぐらいは注射を打った方が小さい顔を維持することが可能になります。そうすると、1回当たり3万円のお金を払ったとしても1年間で6万円ぐらいかかると考えておいたほうがよいです。もし、注射を打っても効果が出ない場合はどのように考えたらよいでしょうか。これに関しては、そのクリニックや病院の対応の仕方によって異なります。追加料金が発生することが多いですが追加料金は割引してくれる可能性がありますので、その料金を事前によく調べておくことが必要になります。

Copyright© 2019 簡単な施術法として人気かつ負担が少なくて安心 All Rights Reserved.