サイトメニュー

堅実に小さな顔を目指す

注射器

より良い施術を受けるために知っておこう

食事の時は下顎を動かして咀嚼しますが、その際に使用する咬筋が日々強化されることで、エラは知らないうちに大きくなっていきます。つまり、エラ骨が張っていない場合でも、硬い歯応えを好む人は年々エラが張り出す傾向がある訳です。そして美容治療で人気を博すボトックスは、それが原因で張り出したエラを抑える美容効果を持っています。ボトックスには筋肉に力が加わらないようにする特殊な働きがあり、これをエラに適量注入すれば、咬筋が動かないようにできるのです。筋肉は力を込めて毎日使用するから肥大するのであって、逆に使わないようにすれば体積は自然と落ち、エラの膨らみも風船がしぼむように小さくなります。これがボトックスで小顔を実現する基礎メカニズムとなっており、エラ骨に原因がなければ、この治療だけでも素晴らしい効果を得られることが珍しくないのです。ただし良好な小顔効果を得るには、その人に合った分量を打たねばならず、その見極めは豊かな経験を持ったドクターでなければ難しいとされています。ですから施術自体は非常に容易なプチ整形でありながらも、キチンとした仕上がりを望むなら、熟練ドクターに治療してもらうのが豆知識です。例えば複数のドクターを抱える大きな美容整形外科の場合、指名料を支払うことで院長先生を指定できる場合もありますから、それを検討しておくのも良いでしょう。これは理想の小顔を手に入れるためにも有効な豆知識なので、ドクターを選べる際はできるだけ実績と経験が多い医師に治療してもらってください。
今より綺麗になれることが分かっていても、肌を切るとなると治療に踏み切れない場合もありますが、ボトックスの小顔施術にはその悩みが伴いません。この治療は肌をカットする必要がないので気軽に受けられるのはもちろん、肌に刺す注射針も極めて細いのが特徴です。細い針を使えるのは、この治療で注入する薬剤の液質が大きく関係しており、ボトックスは生理食塩水に混ぜて打つため、粘度はほぼありません。粘り気が強い液体なら、注射針もある程度太い物を用意せねばなりませんが、ボトックスの小顔注射なら極細針でも治療可能です。太い針は皮膚との摩擦が大きいことからも痛みを感じやすく、反対に細い針だと痛みを感じ難くなります。抵抗なくススっと肌に入るので痛みは最小限に抑えられ、事実、美容整形外科では麻酔なしでボトックス治療を行う場合が珍しくないのです。塗布麻酔を施した場合、痛覚が鈍るまで30分前後放置しなければならないのに対し、麻酔を行わなければその時間を省けるという利点もあります。もちろん麻酔をしない場合でも、注射を打つ前には大抵アイシングをしてくれるのでその点は安心です。また経験が多く、注入方法にも拘りを持つ熟練医なら、ボトックスをジワジワと打ってくれる場合が少なくありません。この特徴的な打ち方は、注入時の圧力を減らすことで痛みをコントロールする手法となっており、上手い医師ほど痛くないと言われる理由の1つです。なので患者が痛まないよう、打ち方にも配慮してくれる熟練医に施術してもらえば、痛みを一層抑えられるのも特色となります。

Copyright© 2019 簡単な施術法として人気かつ負担が少なくて安心 All Rights Reserved.